学会

0

     9月16日から18日にかけて名古屋国際会議場で、第46回日本口腔インプラント学会学術大会が行われ、全国から多くの歯科関係者の方々が参加されました。 

     インプラントをめぐる様々なテーマについて、研究発表、講演、シンポジウムが行われました。

     

     下の写真は、インプラント周囲炎をテーマにしたシンポジウムの様子です。自分の歯(天然歯)の周りに炎症が起こった状態を歯周病と言いますが、インプラントの周りにもこれと類似した炎症が起こることがあり、これをインプラント周囲粘膜炎、さらに進行した状態をインプラント周囲炎と言います。

     このインプラント周囲炎は、その治療やケアに関して、様々なアプローチが考案されているものの、なかなか決め手がなく、現時点においては確立した治療法がないのが実情です。


     よって、周囲炎に進行することのないように、日々のブラッシング(セルフケア)と定期的な歯科医院でのメインテナンスが、天然歯以上にとても重要になってくるわけです。

     

     今回は、治療やケアについて、海外での対応との比較も交えて、あらためて基礎から整理することができました。
     


    関連する記事

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM